バッテリーの消耗

スポンサードリンク

バッテリーの消耗はさせない努力も少しだけ必要です。これからはエコの時代でもあるのでそんな知識を少し持っておくだけでいざというときに思わぬ電池切れなどから避けることが出来ます。

バッテリーを消耗させない

普段使用する機器の中でいかにバッテリーを使っているものがあるか考えたことはありますか?携帯電話のバッテリー、パソコンのバッテリー、自動車のバッテリーなど、それぞれバッテリーを消耗させない工夫があります。

スポンサードリンク

バッテリーの消耗を防ぐ方法とは?

バッテリーの消耗を防ぐ方法で効果的な方法はまずは充電回数を減らすことが挙げられます。つい充電しておかないと気になってしまうのですが充電回数とバッテリーの性能の劣化が反比例する傾向にあります。

バッテリーの充電回数を減らすには?

バッテリーの充電回数を減らす事がバッテリーの消耗させないことに効果的なことはわかったと思います。では充電回数を減らすコツとは?携帯電話なら充電のレベルが表示されると思いますがゼロになるまでは充電させないのもコツといえます。充電レベル表示に多少クセがありますから充電のタイミングをなるべく放電状態に近い時に行えるようにしましょう。パソコンの充電はノートパソコンでよくバッテリーが使われていますが、普段ははずしておくというのも良いでしょう。ただし、AC電源が外れてしまうとパソコンを壊してしまうことがありますのでそこは気をつけましょう。自動車のバッテリーは状況が違います。常に充放電の繰り返しの中で設定された使用期限ですから期限を守って使用するのが大切です。車を使用しないときにバッテリーあがりを起こしてしまうケースがありますので使用頻度の低い方はバッテリーの消耗を抑える方法として車からの配線を外しておくのはとても効果的です。

バッテリーが消耗してしまったら

バッテリーが消耗してしまい充電器を使用しても復活しない場合、応急処置があります。ひとつはバッテリーの完全放電を行ってから充電をしてみましょう。充電器によっては放電機能も付いたものもありますがそうでないものでも電源を入れて動作をさせて放電を待ちます。それでもだめなら環境を変えてみましょう。冷蔵庫の中など冷やして放電など行なうと完全に放電することがあります。

バッテリー消耗させない重要性

バッテリーを消耗させない重要性は使用機器の性能の完全発揮をさせるための必須項目です。また携帯電話など緊急時にも使用したい場合に使えないと危険な場合もあります。パソコンや自動車も同様といえます。普段から普段から消耗させない工夫で使用していくことが思わぬ事故から自分を守ってくれます。最近ではバッテリーも容量の大きいものが出ていたりします。使用機器に合わせて容量の大きいものが出ていないのか調べ使用することも安全といえます。バッテリーを消耗させない方法は容量の大きいバッテリーになっても同じですが放電周期が長くなるため使用者への負担は軽減できるのでお奨めできます。

バッテリーの種類と消耗について

充電式のバッテリーの種類によって特性が違います。消耗の仕方も違いますのでお使いのバッテリーの種類を調べておきましょう。主な種類は@ニカド電池Aニッケル水素電池Bリチウムイオン電池(ポリマー電池)C鉛蓄電池 などが挙げられます。また性能に比例して価格も高いことが考えられます。なるべく安いお店での購入をお奨めいたします。

バッテリーのメンテナンスフリー

バッテリーの消耗を考えるとメンテナンスフリーバッテリーにそそられるものです。しかしながらこのメンテナンスフリーというのはまったくメンテナンスしないでいいという意味ではありません。実際には使用期限の前にバッテリーがあがってしまうこともあります。メンテナンスが楽ということがいえますから、そのように使用方法を考え使えば使用者にとってはとても管理が楽といえます。自動車などにはとてもお奨めできます。